全てに即答出来ます

講師のつぶやき

マーダー・インクの壊滅

こんにちは!!
s-Live 東京つつじヶ丘校です。

前回紹介したように、1920年代のアメリカでは、
マーダーインクという組織が出来上がっていました。

彼らはそれまでにないレベルで組織的に活動し、
殺人をビジネスとして躍進していきました。

ですがこのマーダー・インクは突如として崩壊していきます。

きっかけは、一人の逮捕でした。

それまでも、下っ端たちが逮捕されることは多かったですが、
今回逮捕されたのは、エイブ・レルズという人物でした。

彼は、自らの死刑を免れるために司法取引を行い、
マーダー・インクの存在が公となりました。

そうなれば、当然、一人一人が死刑には十分すぎるほどの
殺人を行ってきているので、一気に壊滅していきました。

きっかけ自体は確かに彼の司法取引です。

しかし、より根本的な理由として考えると、
やはりアメリカマフィアの衰退でした。

もともと、アメリカマフィアは禁酒法のおかげで成長したといっても
過言ではありません。

また、狂乱の好景気から世界恐慌という時代において、
社会が不安定化し、政府への信頼が揺らいでいた時代だからこそ、
マフィアが大きくなれたわけです。

逆に言えば、1940年代に入り、
アメリカ政府は日本やドイツとの戦争をベースに信頼を集め、
第二次世界大戦の終戦後も、ライバルであるソ連との闘いが繰り広げられたため、
政府は信頼をキープしていきました。

きっかけと理由は、全く異なるものだということを、
この出来事は教えてくれているのかもしれません。

つつじヶ丘エリアNo.1の自立支援型個別学習塾はコチラ!!
https://kobetsu-tsutsuji.com/