全てに即答出来ます

講師のつぶやき

トルコ

こんにちは!!
s-Live 東京つつじヶ丘校です。

近年、中国の伸長が日本のメディアではよく取り上げられますが、
この混乱期においては、様々な国が自国の勢力を拡大しようと動いていきます。

アメリカ・中国・ロシアが北極海をめぐって争っていることなど、
アメリカと中国の争いはなじみがある方が多いと思われますが、
実は現在、トルコが中東での勢力を拡大していっていることをご存じでしょうか。

中国が南シナ海や東シナ海、そして太平洋へと勢力を進めるのと同様に、
トルコは「青い祖国」を掲げて地中海の覇権を狙おうとしています、

これから世界はどのようになっていくのでしょうか。

もっとも単純なものとしては、
中国+トルコの勢力とアメリカ+ロシアの勢力で争いだすというのが予想されます。

ただし、現代に特有の現象というのが、
国というものが一致団結するのがとても難しいという状況です。

例えば、アメリカという国はチャイナマネーや中国市場を求める人々もいれば、
「中国を叩け」と主張する人もいるわけです。

また、アメリカとロシアというのは、お互いに仮想敵国として
想定しあってきた国なので、実際に仲良く連携できるのか(利害の衝突がないのか)という部分が
かなり怪しい部分もあります。

世界史においては、国と国がぶつかるときには
必ず合従連衡策をめぐって争う形になります。

現在のところ、中国はアフリカや中東に対して連衡策を仕掛けていきましたが、
コロナの影響で経済がダメージを受けていることで連衡策は失速してきています。

これに対して、民主国家はデモという状況を抑えながら敵に対処できるのかというのは
非常に面白い経過だと思います。

その中でトルコはどのような方策をとるのか、非常に面白い時代ですね。