全てに即答出来ます

合格者実績

合格者速報!

調布市立第八中学校 AFくん 都立府中東高校 合格!!

合格者実績
合格者実績

受験を意識する前までは、軽く考えていたが、夏休みに入り、V模擬をやってみて現実を知りました。今自分がどんな学力で、どんな位置にいるのかを強く実感しました。それからはまず数学をひたすらやりました。証明や、計算問題も確実に取れるようにするために、繰り返し行いました。少しずつ点数がとれるようになってきたのが11月頃で、そこからは、ビルダーや過去問をひたすら解きました。
もう止めたい!!点数を見たくない・・・と思うことの方が多かったですが、点数がとれたときはすごく嬉しかったです。そのまま最後の模擬をして、自分の必要な点がとれていたときは嬉しかった反面、思っていたよりとれていないことにがっかりしました。ラストスパートをかけていたときも、とにかく不安と
いう言葉しか思い浮かびませんでした。
そんな中で合格できたのはこのs-Liveだったからだと思っています。学力の昇上だけでなく、精神面を支えてもらえました。
長い時間ここの塾に居るということも関係するかもしれませんが、精神面では特に助けられました。また、この塾の強みである自分のやりたいことをできるということが合格に繋がったと思いました。苦手な科目をとことんできること、他にも先生と生徒の距離が近いこと、この二つが一番良かった的であると思いました。
他の塾とは違うことが一番の強みでした。小学校から通っていたいましたが、合格してやっとs-Liveの素晴らしさがわかったと思います。

教室長メッセージ


調布市立調布中学校 RFくん 都立府中高校 合格!!

教室長メッセージ


調布市立神代中学校 MTくん 都立神代高校 合格!!

合格者実績
合格者実績
合格者実績

神大高校は僕にとって本当に通いたいと心の底から思うほどの志望校でした。なので合格することができ、とても嬉しく、とても安心しました。受験生にとって「努力」というものはあたりまえのことだと思います。ですが、そのあたりまえを続けてきて、諦めずに耐えてきて本当に良かったと思いました。
中学一年生の時から神代高校は志望校の候補の一つでした。しかしその時は、親の母校でよく話を聞いていたこともあり、なんとなくで志望していました。なので勉強も特に頑張らず、今のままでは合格できないという事に気付いていてすらいませんでした。二年生になり、一年生の時よりは少し「受験」というものが見えてきました。しかし部活動の部長になり約七十人の部員を率いることになり、一年後の事など考えるひまもなく、その時その時に必死でした。そんな生活をしていて、あっという間に三年生になりました、三年生でも部長という役職におわれる日々でしたが、受験と正面から向き合わせざるをえない学年となり、三年生最初の勝負の一学期末試験が近づいてきました。僕は期末試験一か月前を切ったあたりで流石に危機感を持ち、s-Liveに入塾しました。部活と塾の両立は僕にとって今までに無いほどの辛さでした。特に夏休みは部活をし、三十分ほど家で休むとすぐに塾へ行き夜まで勉強と過酷な日々でした。そんななかでも楽しく塾へ通えたのは優しい塾の先生と一緒に頑張る良い塾友達がいたからだと思います。夏休みが終わりを向えようとしているころ、僕は初めての模擬試験に挑みました。周りの人は大常備。いい感じだと言ってくれましたが、B判定という結果に素直に喜ぶ事ができませんでした。二学期になりすぐに中間試験がやってきました。結果があまり良くなく、あせりを感じました。その時、家事情で期末テストまで塾に通えないという苦しい出来事がありました。あせりにあせってやけになりながらも勉強し、何とか成績を維持する事は出来ました。その後の模試ではまたB判定で、維持はできるものの学力を上げることができませんでした。冬休みは夏休みと同じように過酷な勉強でしたが、部活を引退していた事もあり良いペースで勉強ができました。冬の高校見学へ行き学校説明を聞き、部活動見学をした時、私のスイッチが入りました。見学した部活の先輩方がとても良くしてくれ、気軽に話しかけてくれました。直感的に心の底から「この学校がいい」と思いました。そこからはがむしゃらに勉強しました。苦しくても神代高校へ行きたい一心で頑張りました。模試でS判定を取れるようになり、自信もつき良いコンディションで入学試験に臨めました。結果は合格でした。
初めてのことが多く、心に余裕があるとは言えない受験でしたが、仲間、塾にめぐまれ、しっかりと努力して本当に良かったと思います。無事に受験を終えられて、良かったです。

教室長メッセージ

【入塾】

彼は中学三年生のときに、塾生の紹介で入塾しました。

それまで、勉強を自己流で行っていた彼は、やりかたこそ効率が悪い部分はあったものの、

かなり頑張れる生徒ではありました。


【入試戦略】

彼の入試戦略としては、オーソドックスに内申を上げるというものでした。

彼は前期の期末ではかなり点数を上げることが出来ましたが、

一時期塾へこられない時期がありました。

 

ですが、その間も塾で学んだ勉強の仕方を実践することで、点数をキープすることができました。

 

その後は志望校でS判定がとりたいんです!!と頑張り続け、

実際に最期の模試ではS判定を取ることが出来ました。

 

当日によほどのことがない限り、十分に合格できる、レベルだけで言えば偏差値60くらいの高校でも合格できるだけの力をつけました。


【合格】

当日、あっさりと合格し、連絡もとても早くしてくれました。

自己採点ではかなり点数が落ちていたため、非常に不安がっていましたが、

入試問題の難化で下がっていただけでした。

彼のさわやかな笑顔は、一生忘れることはないでしょう。

 

【勝因】

彼の勝因は、勉強は頭の良し悪しではなく、戦略と気持ちであるということを理解してくれたことだと思います。

 

途中で塾に通えない状況のときも、彼は塾で教わった指導を忘れずに実践していました。

 

塾を、勉強を教わる場所以上の存在として考えていてくれたからこそ、いろいろなものを吸収できたのだと思います。

実際に、自分が同年代のときにそれができるかと言われたら、かなり怪しいと思います。

そういう部分で、彼は非常に大人でした。

 

【受験においてのアドバイス】

いろいろな逆境というものが、人生の中ではもちろん、受験の中でも降りかかってくることは多いと思います。

そんなときでも、彼のように「正しいやり方で挑戦すればできるはず!!という気持ちが、ある意味何よりも重要です。

 

そしてそう思うためには、「本気」で合格したい高校を見つけることが近道です。

 

行ける学校ではなく、行きたい学校を見つけられるように、早いうちから動くことが重要なのかもしれません。

 


調布市立第四中学校 MNさん 都立若葉総合高校 合格!!

合格者実績
合格者実績

私が若葉総合を志望したのは自分の好きなことを学びたいと思ったからです。しかし私は全くと言っていいほど勉強をしておらず気が付くと十二月になっていました。そんな時に友人から勧められこの塾に入りました。
この塾では主に都立や県立の高校の過去問を解いてわからない所は先生に質問し、その分野のワークを解くことを繰り返していました。その際、わからないことがたくさんあり質問を何回もしても先生方はそれらをひとつずつ丁寧に教えてくださいました。また、雑談を交えながら話をしてくださるときもあったので楽しく勉強することが出来ました。
この塾に入ってからは入る前と比べて過去問の点数が大きく変わりました。苦手な教科では四十点近く上がったり、得意な教科では九十点台が多く取れるようになったものもあり、この塾に入って良かったと思える場面がたくさんありました。根気よく何度も教えてくださった先生方に感謝しています。
本当にありがとうございました。

教室長メッセージ


調布市立調布中学校 TSくん 都立調布北高校 推薦合格!!

合格者実績
合格者実績
合格者実績

都立調布北高校
推薦合格 おめでとう!!

調布市立調布中学校3年 男子 TSくん

波乱万丈物語
私は、二年生の途中から三年生の夏休みが終わるまで、他の塾で勉強していました。ですが、そこでは中々成績が伸びず内申が取れませんでした。さらに私は、剣道部に所属しており毎日練習か試合をしていて、精神的にも肉体的にもボロボロでした。
そんな中で、私はこのs-Liveに出会いました。最初は、慣れない環境であり友人もいませんでした。しかし宮岡先生を始めとする多くの先生方が優しく接してくれたので緊張が解けやる気が出てきました。ここに来てから、学校のテストも上がり志望校への思いや頑張ろうという気持ちが強くなってきたように感じます。
私は、最初志望校を都立駒場高校を考えていました。ですがV模試ではE判定でした。そこで私は、志望校を下げることを決断しました。それからは、自分の志望校をどこにするかすごく悩みました。やっとのことで選んだ高校への内申は足りており、これならいけると思いました。冬休みはこの塾でしっかり学び高得点も取れており安心していました。ですが、最後のV模試テストではE判定でした。ここで私は、もう推薦しかないのではないかと思いました。しかし、推薦への見込みありの内申よりも私は2低く確率は厳しい状態でした。そんな中で宮岡先生は、私なら一般で大丈夫と励ましてくださり、私は気持ちが軽くなりました。そこから一般の勉強と推薦の勉強両方を必死でやりました。そのおかげで、私は今回合格することができました。塾の先生方にはもちろん、親にもとても感謝しています。そして、私はここで諦めなければ思いは届くことを学びました。
私は、ここに来て将来の夢も見つかりました。次はそこへ向けて努力しようと思います。最後に私は、この塾で最高の時間を過ごすことができました。本当にありがとうございました。

教室長メッセージ

【入塾】
  彼の入塾はかなり遅めでした。
 中3生になり、後期中間が終わった頃からの入塾でした。
 それまで集団塾に通っていた彼ですが、本来志望している都立高校ではなく、
 私立高校を志望するように何度も話されたため、都立高校の受験を目指してここへきました。


【入試戦略】
  彼の内申は、一般入試でいえば有利だが、推薦には足りていないという数値でした。
 正直、もともとは彼の推薦受験には反対だったんですが、当人とお母様の強い希望もあり、
 推薦対策を推し進めていきました。


【推薦対策】

 推薦対策では、全ての強化ということをテーマにとりくんでもらいました。

 集団討論ではほぼ司会のような立ち回りを身につけるように練習してもらい、

 作文では、すごいことを言っているように見える「型」を身につけてもらいました。

  面接は特に戦略を深く考えた所でした。

 彼は剣道部に所属しており、非常にいい成績を残していたことと、志望校の剣道部に体験入部していたことから、テーマを「侍」に絞りました。

 受け答えの内容や、歩き方、話し方にわたるまでミッチリと指導しました。

 内申が足りずに推薦を受ける以上、これでも受かるかわからないというのが推薦の世界だからです。


【推薦前日】
  推薦前日は、「受かったらラッキー」くらいに考えておくよう、アドバイスしました。
 出来ることについては指導しましたし、彼も出来るだけのことはやってきました。

 これで、結果がたとえ不合格であっても悔いは残らないというところまで、私も彼もやってきました。


【合格】
  推薦合格の報告を聞いた中で、彼の報告がもっともいい意味で衝撃的でした。

 ただ、彼自身が手ごたえがあったことと、面接官がたまたま剣道部の顧問の先生であったことなど、
 もしかしたら…という要素はかなりありました。

 それでもやはり、彼の口から合格を聞いたときはとても嬉しかったです。

【勝因】
  彼の合格は、一言でいえば「運」だと思います。

 体験に行った部活の顧問の先生が面接官であったこと、集団討論では司会をやるといった生徒の失敗をうまくフォローできたこと、

 作文で新傾向等が無く、塾で教えた型がそのまま使えたこと、数々の幸運が彼を合格へと導きました。

  ただ、彼のつかんだ運は、彼の努力なしにはつかめなかったものばかりです。

 面接における侍のイメージの徹底、集団討論で司会にならずに話をまわす練習、作文の型の習得、

 すべて彼が実際に努力し、つかみとったものです。

  ひとえにコチラの厳しい指導についてきてくれたことが、彼の一番の勝因なのかもしれません。
 

【受験においてのアドバイス】
  彼は受験のセオリーからは外れています。

 1-2年の理社の復習が夏休みの間に終わっておらず、逆に都立の入試では出ない数学の問題の解き方をたくさんしっているという状況からのスタートでした。

 全ては私立用の勉強を塾で進めていたことが要因です。

 模試の結果や定期テストでは、形として彼の頑張りは現れていなかったかもしれません。

 ですが、本気でしっかりと頑張ってきたからこそ、彼のラストの習得率はあったに違いありません。

  彼は入塾当初は自分の頑張りの意味を見失っていましたが、彼の努力は、たった1時間の学習相談会でわかりました。

 自分では見失っているものも、他人から見るとわかるということもあります。 

 点数等だけではなく、それまでに自分が得たモノを考え、自分の可能性に最大限に挑戦することが重要なのかもしれません。


公立

都立 八王子東高等学校 
都立 武蔵野北高等学校
都立 調布北晃ろう学校
都立 豊多摩高等学校
都立 狛江高等学校
都立 調布南高等学校
都立 神代高等学校
都立 芦花高等学校

私立

明大明治高等学校
農業大学第一高等学校
國學院高等学校
大成高等学校(特進)
明法高等学校
淑徳高等学校
東京電機大学付属高等学校
杉並学園高等学校
日本大学桜華高等学校

中学

明治大学付属明治中学校
法政大学中学校