全てに即答出来ます

合格者実績

合格者速報!

調布市立第四中学校 MMさん 都立八王子東高校 推薦合格!!

調布市立第四中学校 MMさん 都立八王子東高校 推薦合格!!
調布市立第四中学校 MMさん 都立八王子東高校 推薦合格!!

都立八王子東高校
推薦合格 おめでとう!!

調布市立第四中学校3年 女子 MMさん

私が推薦で合格することができたのは、推薦対策と一般入試対策を並行して進めてもらえたからかなと思う。
最初、推薦を受けるか迷っていた。集団討論が苦手だったことと、「面接」「小論文」など普段全く接点がないような試験内容に不安を持ったことが迷いの原因だった。けれど、三年二学期の内申が出たとき、「チャンスが増えるのなら挑戦したい」と思うになった。塾の先生にも話したところ、推薦対策はしっかりやってくれるということだったので推薦を受けることを決めた。そこからは、麺セル、小論文、集団討論の練習をした。面接は塾の先生と、入室から質問、体質までの流れを練習した、私は緊張しやすい性格だったので、初め声が震えたりしていたけれど、声の出し方、間のおき方のコツを聞いて、それも段々となくなり、しっかりと受け応えられるようになった。小論文では志望校の過去問を解いていった。添削をしてもらい、どういう考え方をすれば書きやすいかなどを聞いて、コツをつかんでいくことができた。一番成果があったのは集団討論だったと思う。最初は考えや質問も浮かばず、積極的に発言することはできなかった。けれど先生から質問の考え方や話しの回し方を聞き、他の人の良い所を取り入れていったことで、初めよりもかなり成長したように感じる。
本番、いつもの私と違って緊張をあまりしなかった。それくらい練習をしっかりできたのだと思うが、一般入試対策もしっかり進められていたのも大きかったと感じる。一般の過去問やVもぎで点数を取れるようになっていたので、推薦当日も「受からなくても一般で頑張れる」と思えた。その分、落ち着いて受けることができたので、今回の結果にもつながったと思う。一般のために頑張ったことも私の力になっていると思うので、それを生かしつつ、入学後の勉強に向けて準備を進めていきたい。

教室長メッセージ

【入塾】
  彼女は中学1年の最期に入塾した生徒でした。
 彼女はもともと成績のいい生徒ではありましたが、入塾後はさらに成績を伸ばしていき、
 体育が4なだけで、あとは全てオール5という成績を取れる様にまでなりました。 

【入試戦略】
  彼女は志望校に対して内申が非常に高かったので、推薦を勧めました。
 彼女は当初、推薦入試の集団討論や面接に対してかなりの恐怖心を持っていましたが、
 これまでの推薦の合格の話や、推薦入試そのものの仕組みの話をしていったことで、
 彼女は推薦入試を頑張りたいといってくれました。

【推薦対策】
  推薦の対策では、やはり集団討論を重要視したのですが、彼女は作文が小論文だったので、そこについても技術的な指導を入れました。
 ほかの塾ではどのように指導するのかわかりませんが、s-Liveでは、小論文のパターンに応じて「型」を生徒に指導します。
 その「型」に当てはめることで、とてもユニークな意見を持っているかのように書かせるという技術です。

  彼女もその「型」を習得したことで、ユニークな意見の小論文とは、
 内容ではなく書き方の話なんだということを実感してくれていたようです。

【推薦前日】
  彼女は集団討論に一抹の不安を覚えていました。自分から、話し合いの流れをつくるために、
 質問を放り込むのが苦手だったからです。

  ただ、彼女の受ける八王子東では、最終的にここの参加者が自分の意見をいう機会が設定されているため、
 彼女の場合は、自分から発言したり、まとめたりできないことは、あまりデメリットにはなりません。

  受験前というのは何を言われても不安になる時期ではあるので、彼女にその話をしても不安そうな表情ではありました。


【合格】
  彼女は推薦の試験日から、かなり手ごたえを感じていました。その中でしきりに言っていたのは、
 「先生が言ってたことがそのまんまでした」という話でした。

  集団討論や小論文にクセが強いため、当てるというよりは「当たり前」ではあるのですが、
 彼女の中ではそれは不安を打ち消してくれる材料になったようでした。

  結果はもちろん合格。
 当校初の自作校の合格者である彼女でありましたが、コチラとしても非常に心配の少ない受験でした。
 彼女の頑張りは、しっかりとコチラにも伝わってきていたからです。


【勝因】
  やはり、彼女の勝因は内申です。
 内申を挙げるために定期テストを頑張り、平均で9割を下回ったことはありませんでした。
 初の自作校合格者である彼女が、当校の「定期テストをとことんがんばる」というスタイルで合格を掴み取ったのは、
 ある意味、必然だったのかもしれません。

【受験においてのアドバイス】
  受験生となると、実践的な入試対策に取り組みたくなる生徒が非常に多いです。
 ですが、内申というものが、一般であっても30%、推薦であれば約50%も入ってくるわけですから、
 ここを無視して入試に挑むのは非常に不安定になっていきます。

 実際に当校では、夏休みに1-2年生の復習をする以外は、後期期末が終わるまで受験用の対策は一切しません。
 内申が重要であるということと、中3生の定期試験対策はそのまま受験対策にもおおいになるという点が理由です。

 受験生であるからこそ、定期試験を軽くみず、しっかりと対策していくようにしていきましょう。


調布市立神代中学校 MHくん 都立武蔵野北高校 推薦合格!!

調布市立神代中学校 MHくん 都立武蔵野北高校 推薦合格!!
調布市立神代中学校 MHくん 都立武蔵野北高校 推薦合格!!
調布市立神代中学校 MHくん 都立武蔵野北高校 推薦合格!!
調布市立神代中学校 MHくん 都立武蔵野北高校 推薦合格!!

都立武蔵野北高校
推薦合格 おめでとう!!

調布市立神代中学校3年 男子 MHくん

私はs-Liveに四年間通っています。中学校一年生の初めての定期テストでは、どのように勉強すればよいのかわかりませんでした。その時、先生方が勉強方を丁寧に教えてくださいました。その結果は、平均点よりも少し高い点数で成績はオール三に、四が二つでした。とても良い結果とはいえませんでしたが、テストに少しながら慣れることができたと実感しました。
二年生になると自立支援型学習の効果もあり、テスト期間やそれ以外の時間でも自ら進んで学習することが多くありました。その結果、テストの点数は少しずつ伸び、成績はオール四程度に上がりました。
三年生になり、定期テストでは極端ではありますが、勉強する時間を伸ばしました。すると、定期テストの点数は七百点を超え、学年でも上位層に入ることができるようになりました。また、入試に使われる内申は苦手科目である数学が四で、残りはオール五まで伸ばすことができました。
こうした定期テストの中で、私は一度もテストの点数を落としたことがありませんでした。テストの点数が伸びつづけたのも、s-Liveの自立支援型の個別学習があったからだと思っています。
そして、入試対策の勉強としては一人一人の苦手な分野を重点的に勉強をしました。また、私は推薦入試も受ける予定でした。そんな時、s-Liveでは一般入試と推薦の両立が可能でした。模擬テストの結果も伸びつづけ、推薦入試の対策を行いつづけました。その結果、s-Liveでつちかった内申点に加えて、手厚い推薦入試対策の作文や集団討論、個人面接を受けることで、第一志望である都立武蔵野北高等学校に合格することができました。
私はs-Liveの先生方にとても深く感謝しています。先生方は私がつらい思いをしている時に、はげましてくださり、生徒一人一人の性格や得意、不得意科目を理解してくださるとてもいい先生方ばかりです。
そんなs-Liveで私は、合格したからとって気を抜かずに、高校生活の良いスタートダッシュを切るために、s-Liveでしっかりと先取りをしてs-Liveと一緒に、成長しつづけたいと思います。

教室長メッセージ

【入塾】
  彼は、小学6年生のころからs-Liveに入っていましたが、当時はそこまで熱を入れて勉強しているわけではありませんでした。
 内申に関しても、初めはほぼオール3という、とても偏差値65の高校に合格するような気配は見えない成績でした。
 ですが、彼は中学校の間の定期テストで、一度も点数が下がったことはありませんでした。
 最終的に、彼は内申で数学が4で、あとは全て5という成績をとっています。

【入試戦略】
  彼の最大の武器は内申でした。内申を最大限に活かすということになると、やはり推薦入試です。
 推薦入試は一般受験よりも、内申の比重が大きいからです。
 また、推薦入試の場合、内申以外が集団討論+作文(or小論文)+面接という形なので、
 実際そこで点数の差をつけるのは非常に難しいです。

【推薦対策】
  推薦対策として比重を置いたのは、やはり作文と集団討論です。

 特に集団討論は、「司会がいない状態で話を進める」=「みんなに質問する中で話の流れを作る」という練習が必要になってきます。
 司会を務めるわけではなくとも、話を進めるための練習は必要になるわけです。

  彼は、与えられたことをこなすのは得意なのですが、正解の無い問いかけに対する答えを自分から発信していくのが苦手な生徒でした。

 細かい論理についてはしっかりと組み立てられますが、少しでも自分の意見に矛盾を見つけてしまうと、
 そこで発言しなくなってしまうタイプです。

  そこで、彼には練習の中で、むりやり司会をやってもらいました。
 司会になると、自分の意見はもちろんですが、話し合いの方向性を考えながら、みんなに質問を振っていく必要があります。

  彼はその中で、与えられたことをこなすために頭をフル回転させ、なんとか話し合いをまとめることが出来ました。
 そこで自信がついたようで、それ以降はしっかりと自分の意見+話し合いを進めるための質問を発信できるようになりました。


【推薦前日】
  推薦の前日には、かなり自信をもって勝負に臨めるということをいっていました。
 彼自身、やれることはやったという達成感の中で試験に向かっていけました。

【合格】
  彼は、集団討論と作文にとても自信がないということを言っていました。
 ですが合格発表日には、合格を掴み取って帰ってきました。

【勝因】
  彼の勝因は、やはり内申です。正直、武蔵野北レベルの内申ではないのですが、彼がそこまで頑張れたのは、
 間違いなく、武蔵野北を目指したからだと思います。
  もしも彼に、駒場や武蔵、または国立などに志望校を無理矢理あげさせていたら、
 そうなっていたかはわかりません。

  彼はよく、「s-Liveの古参だから」といっていました。
 彼の中で、ここの塾の古参であるということが一つのプライドであるというところまで
 思えてもらえたのは、彼の性格との相性が非常によかった塾だったからかもしれません。

【受験においてのアドバイス】
  内申をあげることができれば、かなりの確率で安定して推薦に合格できます。
 そういう意味でも、定期テストがめんどくさい、今は気分が乗らないなどということを言い訳にすると、
 最終的につらいのは受験日です。
 
  やはり受験生であっても、定期テスト+学校の授業、 これをどれだけ本気で取り組めるかが重要ということでしょう。


調布市立第四中学校 NSさん 都立蒲田高校 推薦合格!!

合格者実績
合格者実績

都立蒲田高校
推薦合格 おめでとう!!

調布市立第四中学校3年 女子 NSさん

私は、蒲田高校に合格するために三つのことに力を入れて頑張りました。
一つ目は、漢字です。その理由は、私が受験した高校が小論文を書いて試験をする学校だったため漢字を書けるようにしたいと思ったからです。
二つ目は、小論文の練習です。その理由はこの前の分にも書いた通り私の受けた学校が小論文を書いて試験をする学校だったからです。しかし最初は、まったく小論文のような作文を書けず塾の先生からたくさん赤で直されました。そのおかげで小論文のような文章を書くことができました。しかし試験の前の日もたくさん赤で私が書いた作文が直されて本番が失敗になりました。
三つ目は、面接練習です。最初は、受け答えが全くできませんでした。しかし、何度も塾の先生と練習する中でスムーズに答えられるようになりました。また、2分間の自己PRも一緒に考えてくれたので本当に助かりました。おかげで本番で予想外の質問が来ましたが、しっかりと答えられました。
私が、蒲田高校に合格できたのは塾の先生方が優しく時には、きびしく教えてくれたり指導してくれたおかげで合格できたと思っています。だから、本当に塾の先生方には感謝しているのと本当にこの塾は良い塾だと思いました。

教室長メッセージ


調布市立神代中学校 Hくん 都立 狛江高校 合格!!

合格者実績

僕はこの塾に入って1年半ほどいました。中学一年生の内申がひどく、友達も入っていたので中学二年生から入り始めました。
この塾にはテスト対策がありました。僕は中学一年の頃はテスト勉強をしたことがありませんでした。しかしテスト対策コースを受講すると学校のワークをできたり、いろいろな問題を解くことができました。僕の分からない問題があった時は先生に質問すれば答えてくれる環境が良かったです。そんなことをし、僕の内申は上がりました。
中学三年生からは、受験勉強を本格的に始めました。僕が一番受験勉強で大変だったのは、中学一年生の範囲です。早めに塾で復習しておいて良かったと今では思います。
先生と当日約四百点を取れば受かるだろうと予測し、得意科目で九十点を取るなど作戦を立てました。そのための勉強をし、最後の模擬で狛江高校がA判定だったので、志望校は変えずにいきました。
受験当日は、やれることをやればいいという思いで挑みました。受験には合格しました。
この合格はこの塾の勉強できる環境や、先生の指導があったからだと思います。そんな塾に僕は感謝しています。

教室長メッセージ

受験お疲れ様!!

マイペースな分、着実に成績を上げて行った君は、高校でもそのペースを守り、自分の考えに沿って努力していってくれ!!

合格おめでとう!!


調布第四中学校3年Aさん 都立園芸高校 動物科 都立推薦合格

教室長メッセージ

【入塾】
  彼女は、もともとドッグショーに対して、かなり本気で頑張っている子でした。
 そして動物が好きなことから、園芸高校の動物化が志望校でした。

【入試戦略】
  彼女は、通常で言えば推薦入試を行うに足る内申は取れていませんでした。
 学園祭の入試相談のとき、ドッグショーをやっているという点に対して高校の先生の食いつきがよく、
 都立推薦の受験を勧められたそうです。
  ですので彼女の場合には内申を出来るだけ挙げた上で、集団討論や小論文の練習を重ねていくということが
 入試における最重要ポイントになりました。

【推薦対策】
  彼女はもともと人見知りなところがあったので、推薦練習の際に集団討論が肝になりました。
 練習では、彼女と異なる学校の生徒たちもいるので、本番のように知り合いじゃない生徒との集団討論も練習できます。
 最初の練習では、彼女は、案の定、自分の意見を言えていませんでした。
  何度も繰り返していくうちに、発言自体のクオリティを気にして何も言わないのが最もよくないということが
 彼女の中でもはっきりとしてきました。そして最終的には、自分の意見をしっかりと言っていけるようになりました。
  また、小論文では必ずドッグショーについて触れるよう練習しました。テーマによってはドッグショーを入れるのが
 かなり難しいテーマもありますが、そこを練習してもらいました。

【推薦前日】
  推薦入試の前日は、他の推薦入試の生徒もですが、納得いくまで練習を繰り返しました。
 入試へ送り出した時には、彼女もやり切った顔をして出ていきました。

【合格】
  彼女は見事に合格をつかみ取りました。内申で言えば、一般の受験では有利ではあるものの、
 推薦入試のためには決して有利ではない、むしろ不利なくらいでした。ですがそれを当日、
 集団討論と小論文、そして面接の出来でカバーしたというのは、本当によく頑張ったと思います。

【勝因】
  彼女はドッグショーという、ほかの生徒にはない強みを持っていました。
 そしてそれが動物科というところにとてつもなくマッチしていました。
 このように、コースが分かれている学校の推薦では、その生徒がそのコースに応じた強みを持っているかどうかというのは、
 ある意味、内申よりも重要になるケースもあります。

【受験においてのアドバイス】
  おおよそ、都立の推薦というのは内申が大部分を占める試験になってしまっている現状がありますが、
 導入の動機としては、勉強以外に秀でた能力を持つ生徒を発掘するという点です。
  その高校のコースはもちろん、強い部活動など、勉強以外の部分で強みを発揮できている場合に、
 しっかりと戦略を定めた上で取り組んでいくのがいいと思います。

公立

都立 八王子東高等学校 
都立 武蔵野北高等学校
都立 調布北晃ろう学校
都立 豊多摩高等学校
都立 狛江高等学校
都立 調布南高等学校
都立 神代高等学校
都立 芦花高等学校

私立

明大明治高等学校
農業大学第一高等学校
國學院高等学校
大成高等学校(特進)
明法高等学校
淑徳高等学校
東京電機大学付属高等学校
杉並学園高等学校
日本大学桜華高等学校

中学

明治大学付属明治中学校
法政大学中学校