全てに即答出来ます

合格者実績

合格者速報!

調布市立神代中学校 H君 都立 狛江高校 合格

教室長メッセージ

【入塾】
 彼は受験の年に3年目になる、古株の生徒でした。本人のタイプとしては情熱的に物事に取り組むというよりかは、
自分のペースで着実に歩みを進めていくタイプでした。志望校についても中3生になってから決めた形で、
特段、受験へのモチベーションを早くから高いレベルに持ってきていたわけではありませんでした。

【入試戦略】
 彼の強みは理系科目が得意であったことでした。特に数学的なセンスに恵まれていた彼の才能は、
入試のための彼の中の負担軽減に大いに影響しました。
 同時に彼は、理系科目が得意な生徒にありがちな、国語や英語の読解の点数が取れない生徒でもありました。
入試の中では、暗記と読解力をテーマに対策を進めていく形になりました。
 読解とは「語彙力の増強」と「文章を読み、問題を解くこと」の両輪で成り立ちます。片方だけでは無意味です。
そのため彼は、ほかの生徒より、数学の進度の余裕もあったため、早めに語彙力の強化に努めてもらいました。

【受験勉強】
 彼のマイペースな性格は、受験の中で時に強みを発揮しました。
受験というのは、自分との闘いとよく言われますが、厳密には周囲のピリピリした空気の中で、
いかに自分を保てるかという闘いになります。その点彼は、点数が落ちても上がっても、いい意味で
自分のペースを崩しませんでした。
 そして受験生になる前には、「計算は得意だけど、暗記は苦手」と豪語していた彼が、
「受験を突破するための暗記」を指導した後は、メキメキと実力をつけていきました。

【受験前】
 彼は受験前も自分のペースを崩していませんでした。彼は受験の前日、「やれることは全部やったから、もうジタバタはしない」ということを
言っていました。毎年、生徒たちに私がかけている言葉を、彼が先に口にしたため、安心して彼を送り出すことができました。
 受験というのは勝負なので、事前の準備がしっかりできていても結果に繋がらないことはあります。
ですが、彼の中でそこまで言えるレベルまで入念に準備したこと、そしてそれを自分の口で言えた状況は、
彼自身の成長に大きく寄与することは確実です。そういう意味で、彼に対しては安心感をもって受験へと送り出しました。

【合格】
 受験後の自己採点では、昨年の必要な基準で言えば350点とれればいいところを、記述の20点分を抜きにして
400点を突破するという結果を残していました。ですが、ほかの生徒の自己採点の結果を知っているので、
合格点も去年より高くなることは、その時点で予測できていました。
 その点についても話し、まだ油断はできないという話をした際、彼は受験前日と同じことを言いました。
その時の状況で言えば、私よりも彼の方が泰然自若の構えを崩していなかったのではないかと思うほどでした。
結果発表当日、いつもの間延びした声で彼の合格の報告を聞きました。彼の不動心が引き寄せた合格だと思います。

【勝因】
 彼の勝因は、やはり本人の性格・資質によるところが大きいと思います。
ここまで、受験中に心を動かされない、芯の強い生徒は見たことがありません。
そのため、彼は、私が見てきた生徒の中で、受験の戦略を最も計画通りに実行できた生徒だと思います。
当たり前のことを、余計なことは考えずに当たり前にやっていくという、ある意味最も難しいことが、できる生徒でした。

【受験においてのアドバイス】
 保護者様から見ると、生徒がなかなか頑張っていないように見え、ヤキモキすることが多くあると思います。
そういうときには、塾の先生方とお話ししてみることをお勧めします。
塾の先生方は生徒の成績を把握しているため、頑張らなければ取れない点数を取れているかどうかの判断が出来ていますし、
家では無口な生徒(時に男の子)も、家族以外の友達や塾の先生とはよく話せていることが多いです。事実、私自身もそうでした。
 お家ではなかなかやる気を感じなくても、外ではやる気を出せていることもよくあります。
外部の生徒と接している方々とのお話は、そういう状況をするためにも必要だと思います。


調布市立神代中学校 Mちゃん 都立 南平高校 合格

合格者実績
合格者実績

私は最初のVモギの結果がD判定というところからスタートしました。そしてその悔しさをバネにして勉強に励んできました。私は途中によく、自分は勉強しても全く頭に入っていないという不安や、自分に対しての怒りが込み上げてしまう事が多々ありました。しかしそんな私に、先生方が自信を与えてくれたり、わからない問題を分かるまでしっかりと教えてくれました。そのおかげで、今回合格という結果を迎えることできたのだと思っています。また私は、推薦試験を受けましたが、不合格という結果でした。私はとても強いショックを受けたけれど、ここでも先生方や、同じ中学校の同級生などにも励まされ、また勉強に励むことができました。

教室長メッセージ

【志望校】
 彼女は中学までで、ソフトボールを一生懸命取り組んでいる生徒でした。
通える範囲で、ある程度の学力はありつつ、ソフトボールが強い学校ということで
南平高校を第一志望としていました。

【入試戦略】
 彼女の受験の計画はオーソドックスなものでした。
内申をしっかりと上げていくことを進めていくところから始まりました。また、彼女は理数が得意で、英国は苦手というタイプでした。
内申を上げて行くためには苦手なものも均等に頑張っていては効率が悪いため、国・英については内申を上げるまでの努力はせずに、
ほかの科目を上げるために注力してもらいました。

【推薦入試】
 彼女は推薦入試を希望しました。私は、一般入試で受験するには有利な内申なものの、
推薦入試を受験するには不足している内申だということを話しました。
ですが、彼女はそれでも推薦入試を希望したため、彼女の推薦の特訓が始まりました。

【推薦対策】
 推薦入試では、実質的に内申が最大の武器になります。
理由としては、集団討論と作文(小論文)では、ほかの生徒との差が付きにくいからです。
ですので、彼女の場合、集団討論と作文ではミスを恐れずに加点を取りに行く戦略を狙いに行くことになりました。
無難にいけばマイナスも小さいかもしれませんが、推薦の割には内申が足りていない彼女の場合、
そのまま内申差が入試での点数差につながってしますからです。
 彼女には何度も作文も書いてもらい、添削し、書き直す作業に取り組んでもらいました。
集団討論についても、約1ヶ月の間、塾の中の推薦希望者たちで何度も練習しました。

【推薦入試の不合格】
 彼女は推薦入試で不合格でした。
はじめ塾側としては推薦入試に反対したのは、不合格後のメンタルの持ち直しが
とても大変だからです。彼女自身にも、その話はしていましたが、頭でわかっていても心はどうしようもありません。
私たちも声はかけましたが、もはや彼女がいかに乗り越えるか次第という形でした。

【合格】
 彼女は一般入試が近づくにつれ、不安からとても泣き上戸になっていました。
推薦入試後、一般入試までの一ヵ月は勉強ももちろんですが、その不安について話す機会が多かったです。
 そして合格発表日、彼女は合格していました。プレッシャーに押しつぶされず、
やれるだけのことをやり切れていたということです。

【受験においてのアドバイス】
 彼女の場合は、推薦入試で不合格になった後に一般入試で合格できましたが、
推薦入試でメンタルを削られてしまい、実力を発揮できないケースが多いです。
彼女は、結果として、本当に勝負強かったので、そこを克服できましたが、多くの生徒にはできないことが多いです。
 「受かれば儲けもの」くらいの気持ちで推薦入試に挑戦することは、受ける本人のメンタルを考慮すると、
私たちはお勧めできません。

調布市立神代中学校 Tくん 都立 調布南高校 合格

合格者実績
合格者実績

僕は2年生の時の10月唯この塾に入塾しました。

塾に入るまでは部活が忙しいというのを勉強していない理由にしてしまい、勉強をする習慣は全くなくて、やるのはいつもテスト2週間前でした。

当然ギリギリまで提出物が終わらずテスト勉強も足りていなくていい点をとることが出来ていませんでした。

しかし塾に入って勉強の習慣がつくと塾での勉強の数時間はあっという間に感じるようになりました。

また何回もテストを乗り越えていくたびにいい点が取れることの嬉しさを実感し、部活が忙しく疲れ切っているときでも集中できるようになっていました。

テスト勉強や普段から欠かさなかった勉強でとても大きな集中力が身に付きました。

その力は受験に向けての勉強に繋がりました。

塾に入る前の僕がやっていたらくるってしまうような勉強量でしたが、志望校という目標に向けて毎日頑張ることができました。

そしてどんなに辛くても勉強が嫌になっても明るい先生たちや一緒に毎日努力している友達はとても大きな支えでした。

勉強が終わった後や休憩時間はいつも明るく笑顔になれて、「まだまだ頑張るぞ」という気持ちが自然と生まれていました。

また、どんなに解けない問題も先生が分かりやすく解説してくれて自分の苦手な部分をどんどんなくすことができました。
気持ちが弱く点数が落ちるとすぐに不安になってしまう僕は、この塾での勉強を通して大きな自信を持てるようになりました。

勉強の成績だけでなく気持ちの部分でも成長できました。

塾で過ごした一年半はとても大きかったです。

本当にありがとうございました。

教室長メッセージ

【入塾】
 彼が入塾した当初は、学校の成績は少し良いくらいでした。
彼の場合、部活をとても一生懸命取り組んでいたので、勉強の方にはあまり力を注げていなかったという事情がありました。
彼に関しては、必ず成績が上がっていくという確信がありました。彼には素直さがあり、人の助言を実行にうつすことが
できていたからです。この実行をしてもらうために、ほかの生徒は様々な手練手管を駆使していくことになるのですが、
彼の場合には、その過程を飛ばして勉強にダイレクトに影響を与えることができました。

【志望校の変化】
 彼は中学三年への学年代わりのときには、狛江高校を志望していました。
それが夏休みに部活の見学・体験をした際、調布南の部活の雰囲気の方がよかったという理由で、
調布南に志望校を変更しました。
 私自身、受かるのが大変そうだからというネガティブな理由で志望校を下げるというのは、
基本的には反対のスタンスを取ります。ですが、彼の場合には、より自分の生きたい高校を具体的にイメージできた形での志望校変更だったので、
これはとても良い傾向だと感じました。

【入試戦略】
 彼の場合、志望校を受験するのに内申も十分に足りていました。学力的な部分でもしっかりとペースを維持して取り組めれば、
十分に足りるだろうというだけの素直さがありました。現に、模擬に関しても、彼は私たちが受験合格の可能性があると判断するC判定を
十分にクリアしていました。

【受験前メンタル】
 入試が近づくにつれて、彼は神経質になっていきました。もともと、細かいところにもよく気が付き、
周りの人間にも気を使える優しい性格がゆえにという形でした。
 もちろん、それらは彼の性格の良い部分です。それのバランスが受験前という状況で、少し傾いてしまったということだったのだと思います。
そのときに、彼に話したのは、勉強の話ではありませんでした。彼と、高校に入ってからの話や、
大人になってからの話をしました。そして、高校はゴールではなく、中継地点だという話をしました。
 彼もそれで不安が完全になくなったわけではないと思いますが、
すこし落ち着いて目の前の内容を吸収できるようになっていったと思います。

【受験前日】
 彼は受験の前日であっても、外から見ると自信があるように見えました。
もちろん、中身では不安があったと思います。ただ、やるべきことはやれたという自信も
同様に大きくあったと思います。

【受験当日】
 彼は性格的に、結果を真っ先に電話してくれる性格でしたが、なかなか電話が来ませんでした。
ほかの生徒の電話の報告も出そろい、その状況下で、とても僕自身は不安になっていました。
ですが、入試発表から4時間後、彼からの電話がなりました。すると、結果はあっさり合格。
 掲示板を見た後に電話をしようと思ったところ、人の流れで校舎内に流れてしまい、制服採寸が思ったよりも長引いたとのことでした。
彼は絶対に合格だと思っていただけに、電話を待っている間はとても狼狽してしまいましたが、
何はともあれ良かったです。

【勝因】
 彼の勝因としては、根本的な素直さ。これが最も大きかったと思います。
彼は、社会人になっても、この素直さをしっかりとキープできれば、とても充実した人生を歩んでいけると思っています。
課題に対しての解決のために、ほかの人の協力を自分から求められ、それを実行するだけの
行動力もしっかりあります。
 私が、学習塾での仕事を通じて最も生徒に伝えたい部分が、大人になったときに生き抜いていけるよう、
勉強を通して能力を上げて行ってほしいということなので、彼は最もそれを伝えられた生徒だと思っています。


調布市立神代中学校 Eくん 都立 調布南高校 合格

合格者実績
合格者実績

ぼくは、11月くらいに前いっていた塾で伸びなかったので、この塾にやってきました。

11月のV模擬ではあまりいい結果が残せなかったけど、先生が熱心に教えてくれたので、最後まであきらめずに勉強しようと思いました。

その結果、12月のV模擬ではいい結果を残すことができました。

僕は、夏休みそこまで勉強しなくて、そのころの僕の気持ちは「どうせなんとかなるだろう」と思っていました。

でも、それは大きな間違いで、とてもこの高校に合格するのに苦労したので、僕のように夏休み勉強しないのはお勧めしません。

夏休み勉強した方が冬休みに少しだけ心に余裕を持てます。

でも、この塾は僕を助けてくれたので感謝の気持ちでいっぱいです。

この塾の中で印象に残っているのは宮丘先生と大原先生です。

宮丘先生はこの塾の中で一番認めていたし、12月の冬期講習では僕たちのために早く塾に来て入試の対策授業をしてくれて、とてもいい先生だと思いました。

大原先生は僕がこの塾で初めてあった時、とても丁寧に自己紹介をしてくれて、いい先生だと思いました。

そのほかの先生もとてもわかりやすかったs-Live全員の先生に感謝をしています。

それと、学校の先生やお金を払ってくれた親にも感謝しています。ありがとうございました。
(一部微修正あり)

教室長メッセージ

【再入塾】
 彼はもともとここの塾に通ってくれていた生徒でした。ですが学年切り替わりの段階で他塾へと移ってしまいました。
彼に受験に対しての不安を抱かせていしまったことは、今でも深く反省し、教室運営のための重要なポイントとしてとらえています。
 そんな彼が、中3の10月くらいに戻ってきました。本来、立ち去った生徒がもう一度戻ってくるなどということはありません。
そのなかで、彼がもう一度この塾をえらんでくれたことは、私の中の誇りの一つとなっていました。
 彼が再入塾したときの悩みとしては、学校の定期試験の勉強はうまく出来ている反面、模擬試験での判定が上がらないという点についてでした。

【入試戦略】
 彼の入試型の問題が取れない原因としては、広く深く勉強しすぎて、模試用の勉強としての効率が良くないからでした。
都立の問題では、知識を披露する力よりも、その知識がどういうものかを問う問題の方がメインになります。
彼の場合インプットは十二分に出来ていたので、都立入試型のアウトプットの練習を重ねていってもらう。これだけでした。

【成績】
 彼はもともとは、V模擬の偏差値で50を切ってしまうラインからスタートしていましたが、
適切な問題演習を重ねてもらい、割とすぐに成果が現れました。
模擬の判定にしても安定してB判定が出るようになり、実際、実力的には十分なレベルに達しました。

【入試前日】
 彼は心配性なところがあり、成績が上がったものの「まだ不安」だと言っていました。
これは向上心の現れであると同時に、本番で思わぬところで足をすくわれてしまう要因にもなりえる要素です。
彼には、王者の戦略という話をしました。経営上、リーダー企業は、繊細な動きをとると逆に不利になってしまうという話です。
それでも彼は不安そうではありましたが、受験へと見送りました。

【合格】
 彼は合格発表の日に、すぐに連絡してきてくれました。本番でも動揺せずにしっかりと試験に集中でき、
しっかりと結果を残せたということです。
 本人の頑張りがもちろん一番で、一度この塾から去ったものの再びここを信頼を置いてくれたことは、
心情的にも大きいことでしたが、それ以上に彼の人生における成長という観点で、大きなものだったと思います。

【勝因】
 彼の勝因は何といっても、向上心の強さです。彼は妥協をせずにしっかりとやるべきことを
こなしていくタイプでした。反面、自分が心から納得したことでなければ、積極的に取り掛かれないというところもありました。
彼はこの教室の、生徒との距離が近く、勉強以外の話も出来る空気感とマッチしていたと思います。

【受験においてのアドバイス】
 彼は受験の年に塾を変えるという、セオリーからは外れた方策で合格をつかみ取りました。
これはひとえに彼の努力の結果です。
 普通の人なら妥協してしまう内容でも、彼は妥協なく理解しようとしたがる性格でした。
それゆえに、塾への不信感等も感じやすい繊細な心を持っていたのだと思います。
そこを妥協しなかったからこそ、彼は自分の信じた道をしっかりと進めることが出来たのだと思います。
 また、それを温かく見守って下さった保護者様も、それをしっかりと支えることが出来た一因だと思います。
本人を、ご家族、そして塾という周りで支えるという形がしっかり取れたバランスが絶妙だったと思います。


神代中学校3年Tくん 東京農業大学付属第一高校 加点併願 合格!!

教室長メッセージ

第一志望の合格ではないですが、かなりレベルの高い私立の合格だったので、のせさせていただきました。

これで存分に第一志望の学校へと挑めるな!!
気合入れていこう!!


公立

都立 八王子東高等学校 
都立 武蔵野北高等学校
都立 調布北晃ろう学校
都立 豊多摩高等学校
都立 狛江高等学校
都立 調布南高等学校
都立 神代高等学校
都立 芦花高等学校

私立

明大明治高等学校
農業大学第一高等学校
國學院高等学校
大成高等学校(特進)
明法高等学校
淑徳高等学校
東京電機大学付属高等学校
杉並学園高等学校
日本大学桜華高等学校

中学

明治大学付属明治中学校
法政大学中学校